時給と労働力との釣り合い

時給は低くても満足度が高いバイト

体調を崩した為に、数ヶ月前に会社を退職しました。元々、体力がなく体調も崩しやすかったのですが、そこに毎日の残業が加わり、ついに倒れてしまい入院する事に。社会人として体調管理もできないなんて情けない、と落ち込みむした。しかし、これは良い機会だから少しの間休んで、丈夫な身体を作ろうと前向きに考え直しました。

それからは、数日の入院の後、通院もしながら自宅で贅沢なほどゆっくり過ごしました。といっても、ぐうたらしていたわけではありません。出来る範囲での運動も毎日取り入れ、不規則だった当時では考えられないほどの規則正しい生活をはじめました。少し歩いただけてゼイゼイ息を切らしていたのに、今では人並みほどの体力になったように思います。そうなれば、いつまでものんびりしているわけにはいきません。仕事をしなくては、と職探しを始めました。体力がついたといっても、いきなりみんなと同じように働ける自信もない為、まずはアルバイトをしようと決めました。一日数時間で、体力仕事ではないものを、と探していると条件ピッタリの求人に出会いました。しかも高時給です。長時間働けない今の私にはとても好条件です。早速応募したのですが、やはり時給がいいと大人気のようで、締切になっていました。やっぱりそうか、と残念でしたがすぐに他の求人にもアタックし、今ではとても働きやすい環境のバイト先を見つけ、楽しく元気に働いています。時給は高くはありませんが、とても満足しています。