時給と労働力との釣り合い

時給は職場やその時の経済状況などによって異なります

アルバイトやパートなどでは、報酬の計算方法が時給というケースが多く見られます。毎日決まった時間労働する社員などと違って、働く時間や曜日などがまちまちのアルバイトやパートの場合、時給で計算する方がスムーズに計算することが出来ます。時給は、職場によって異なります。また、地域によって平均時給が異なります。一般的に、都市部の方が、地方に比べて高い傾向にあります。また、その時の社会の経済状況などによっても平均的な時給は変化します。不況の時には安くなり、好況になるにつれて高くなっていくのが一般的です。

同じ職場でも、人によって時給が異なるケースもあります。深夜や早朝など、時間帯によっては時給が高く設定されていることもあります。また、必要な技術を身に付けたり、試験に合格したりすると時給が上がるという会社などもあります。逆に、働きだしてから数カ月間は見習い期間として、時給が安い場合などもあります。このように、様々な要因によって時給は異なります。少しでも多く報酬を得たい場合には、求人情報などで、時給が高い仕事を選ぶという方法があります。専門の技術や資格が必要だったり、ハードな仕事内容の場合には、他に比べて時給が高く設定されているものが多く見られます。